HOME会社情報 > 保有車両・システム

印刷用

保有車両・システム

約500台の多種多様な貨物自動車を活用する一方、安全・環境に最大限配慮したITによる配車・運行管理システムやドライブレコーダー、携帯モバイルによる物流効率化ツールを導入し、お客様の最適な物流パフォーマンスの最大化・高度化を図っています。

車両群(2016年10月1日現在)

海上コンテナ用トラクター

20・40FT海上コンテナを運搬する2軸・3軸のシャーシを約400台保有。ヘッドと連結し、コンテナターミナルと各地を結ぶ。

アルミウイングセミトレーラ

主に空容器、飲料、非鉄金属、アルミ建材のフェリー輸送等に活躍。ヘッドとコンテナ部の分離でフレキシブルな輸送を実現。

20FTコンテナ2本積シャーシ

20FTの海上コンテナを2本同時に積載できる特殊シャーシ。一度に運べることで、より一層効率的な物流を構築。

10tトラック

長大物や重量物などにも対応し輸送力増強を図れる大型トラック。他にも冷凍・冷蔵車、幌ウイング車など多数の大型車を運行。

ウイングトラック

左右が開閉するウイングにより搬出入しやすく、雨天でも貨物が濡れる心配がないウイングトラックを、小型から大型まで多数保有。

2t・4tトラック

さまざまな形状の荷物を的確に運べる平台トラック。迅速な積み降ろし、荷崩れ防止など、熟練したドライバーが安全・確実に搬送。

幌ウイングトラック

平ボディートラックとバントラックの特性を共有しているため、積載時間を短縮できる大型トラック。低床幌ウイング車と高床幌ウイング車を保有。

ダンプヘッド

ヘッドに設けられた昇降機能で、バルクコンテナをダンプアップし、コンテナ詰めされた樹脂等を投入口へ流し込める専用トラクター。

タンク台車

液体や粉体、ガス等を充填するタンクを積んだ台車。3軸あるシャーシにより、さらに安全で確実な危険物輸送を実現。

タンクローリー

自社の給油施設からお客様の求める場所にガソリンや灯油などの石油類を提供。消防法を遵守し、より安全な輸送を実施。

システム(2015年4月1日現在)

配車・運行管理システム

最先端のIT機器を駆使して、作業の進捗状況や車庫状況等をリアルタイムで把握し、効率的な配車による車輌の稼働率を通じて、環境負荷低減やお客様へのコストパフォーマンスの向上を目指しています。また、荷主・運行経路別コストの把握、各ドライバーへの燃費向上策や安全運転のための具体策の提示など、収集した情報を活用して、さらなる物流効率化に努めています。

大型モニタとPCディスプレイで、東京・横浜地区の全運行車両の輸送状況を本社で一元管理。輸送状況の把握・指示を行う最新鋭の運行管理システム

ドライバーごとに小型車載端末を携帯し、情報共有化や輸送ルートの最適化、安全運転やエコドライブを支援

ドライブレコーダー

事故画像の記録と、車内画像を記録することによる防犯機能を図るため、ドライブレコーダーを横浜地区および東京地区の車輛を中心に順次導入中です。 特に、ドライバーへの安全運行支援による交通事故防止・法令遵守や、エコドライブ支援による地球環境への配慮などを高める機能を付随させ、物流効率化と安全・環境への効果を高めています。


ドライブレコーダー画面


速度チャート画面